マングローブカヤックツアー

開催期間:通年  所要時間:約2.5時間  最大人数:1回80名

開催場所:金武町 億首川 

沖縄本島のほぼ中央部に位置する金武町億首川、河口部には亜熱帯特有のマングローブ林がおよそ2.5ヘクタール見られ沖縄本島ではもっとも植物種類数が多いマングローブ林として知られています。また、その恵まれた自然環境から様々な干潟生物が生息し、バードウォッチングのポイントとしてもよく知られています。 億首川場所.gif

  1. 魅力
  2. 進行手順
  3. 安全対策

1.魅力

マングローブは亜熱帯地方の河口付近の潮干帯に生息する植物の総称です。別名「海の森」とも言われ、水の中に群生する不思議な生態を持ち様々な食物連鎖を形成します。
 そんなマングローブが生い茂る川をカヤックに乗り込み探険へ出ます。小動物やマングローブの役割などに関して興味深いガイディングを織り交ぜながらツアーを開催します。

マングローブ魅力.jpg
P5250031(マング縦300).jpg

2.進行手順

1.ブリーフィング(説明)  
マングローブ進行手順1.jpg 施設、諸注意事項、カヤックの操縦方法などについて説明します。
2.ツアー出発  
マングローブ進行手順2.jpg ガイドインストラクターを先導に、マングローブを観察しながら、ツアーを進行します。

3.安全対策

参加者全員がライフジャケットを着用します。
1艇2名乗りのカヤックを使用します。カヤック5艇につき、1名のインストラクターが担当します。
インストラクターは、通常の業務でカヤックツアーを担当している専門スタッフです。
陸上スタッフを配置し、水上監視を行います。万一トラブルが発生した場合、迅速に駆け付けます。
参加者には事前に健康調査票の記入をしていただき、該当項目がある方には、医師の診断を受けていただきます。単に担当インストラクターだけで判断するのではなく、医師の判断も考慮に入れています。